飲み方のルール

ピルを服用する上での注意点

避妊を目的としてピルを服用する場合は服用方法を必ず守ることが大切で、できれば毎日同じ時間帯に服用し、飲み忘れがないように気を付ける必要があります。 ピルの服用には独特のルールがあって、21日間毎日連続して服用し、その後7日間の薬を飲まない休薬期間を作ります。8日目に再び服用を始め21日間続けると言うのを避妊を続ける限り繰り返します。 現在では休薬を防止するための偽薬を含めた28日間タイプのピルもあるので、休薬を忘れそうで心配な人は28日間タイプを処方してもらう方が安全です。偽薬は本物そっくりにできていますが、体に影響のないもので作られています。 ピルは医師の処方が必要な薬で、主に婦人科で処方されます。

避妊以外の活用法とは

ピルは避妊目的以外に、生理周期を意図的に早めたり遅らせることもできます。 例えば水泳大会や温泉旅行などで生理に当たってしまいそうな時などは、いつ生理がくるかと心配になるものですし、途中で生理が来たらせっかくの温泉に入ることも出来なくなってしまいます。 そのような場合は、生理がくる何日か前からピルの服用を開始すると服用を続けている間は生理がこないので、安心して旅行を楽しむことができるようになります。服用をやめると数日後には生理が始まります。 また、生理痛がひどい場合やPMSなどの症状にもピルが効果的と言われていますし、更年期障害などの治療に使われることもあります。 ピルは避妊薬のイメージが強いですが、女性特有の色々な症状に対して治療薬として使われています。