適切な方法で

不妊治療の平均価格とは

不妊治療はその人の症状によって治療方法が異なっています。不妊治療の最初の段階はタイミング療法です。 排卵日を特定しその日にタイミングを合わせて性行為を行うと言う方法です。この方法は人によっては排卵誘発歳を利用するのですが平均的な価格は3,000円ほどとなっています。 妊娠に至らない場合にはステップアップして人工授精になるのですが、これは採取した精子を消毒したり不純物を取り除き人工的に膣の奥に入れると言う方法です。人工授精の平均価格は2万円ほどとなっています。 そして最終段階が体外受精です。これは薬によって卵を作り出しその後採取します。事前に採取した精子と体外で受精させて、受精した卵を体内に戻すと言う方法です。この方法の平均価格は60万円ほどと高額になっています。

治療方法の特徴について

不妊治療を初めて行う場合には何かと不安も多いものです。不妊治療の特徴についてですが、まず最初に不妊になっている原因を突き止めます。 血液検査や卵管造影、男性も精子の検査等が行われどこかに不妊になっている原因はないかを調べていきます。 検査の結果によって治療方法が決められています。特に問題がなく年齢もまだ若い場合であればタイミング療法からスタートします。これは薬などもほとんど使う事なく排卵日を特定しタイミングを医師によって教えてもらいます。金額も安いため利用しやすい治療方法です。 その後人工授精にステップアップするのですが、人工授精の場合には精子を採取して人工的に注入していきます。人工的ではありますが自然妊娠とほぼ変わりない方法です。 最後は体外受精ですが、これは人工的に体外で受精させた卵を身体に戻すという方法です。